So-net無料ブログ作成
検索選択

迷子のコウテイペンギン、故郷への旅はじまる NZ [ニュース]

【8月31日 AFP】生息地の南極から3000キロ離れたニュージーランドの首都ウェリントン(Wellington)に近い浜辺で発見され、世界で最も有名なコウテイペンギンとなった「ハッピーフィート(Happy Feet)」が29日、同国の調査船タンガロア(Tangaroa)に乗って南極海へ向けて出港した。  ハッピーフィートは断熱処理のされた箱に入り、タンガロアには獣医師チームが乗船した。港には、ハッピーフィートを見送る報道陣の姿があった。28日に2か月を過ごしたウェリントン動物園(Wellington Zoo)を離れる際には、最後の別れのあいさつに数千人の人びとが集まった。  4日間の航海の後、ハッピーフィートは南極海に放される。そこでほかのコウテイペンギンと再会することができれば、いずれは南極大陸に戻ることもできるだろう。  ウェリントン動物園の獣医チーム責任者、リサ・アルジラ(Lisa Argilla)氏は29日、国営テレビ・ニュージーランド(TVNZ)に対し、ハッピーフィートの自然への帰還について、「感情移入をしてしまうものだから、いつだって不安はあるけれど、でもとてもワクワクしている」と語った。「回復させることができたときは、仕事の中で最も好きな瞬間。だから楽しみにしている」  アルジラ氏は調査船スタッフの2人とともに、南極海に到着するまでの間、タンガロアでハッピーフィートの世話をする。ハッピーフィートを放した後は、3週間ほどタンガロアに同乗し、ウェリントンに戻る予定だ。  ハッピーフィートはほとんど一般に公開されなかったにもかかわらず、ウェリントン動物園の来園者はハッピーフィートの滞在中にほぼ倍増した。ニュージーランドのジョン・キー(John Key)首相や俳優のスティーブン・フライ(Stephen Fry)らも同ペンギンのファンだ。  ハッピーフィートにはGPS(衛星利用測位システム)追跡装置が取り付けられるので、研究者や市民はウェリントン動物園のウェブサイトで、ハッピーフィートの動向を見守ることが可能だ。(c)AFP


泳いできたんだろうけど
遠すぎ

関連記事 南極生息のコウテイペンギン、1羽だけニュージーランドに上陸

nice!(3)  コメント(4) 

nice! 3

コメント 4

ケイコ


たまにはこういう遊びもいいよねぇ☆
http://6ptjqf3.sony.ga-me-hard.com/6ptjqf3/
by ケイコ (2011-09-03 10:06) 

ハナ


夏だけ遊ぶつもりだったのにッ!!
ハマっちゃったよ~~~~ヮラ
http://kkgin-g.www.bio-rizm.net/kkgin-g/
by ハナ (2011-09-10 09:06) 

求ム


女性の相手をする”だけ”の簡単なオピゴトです(*゚∀゚)アヒャ
経験者・未経験者、どちらも大歓迎!
http://83ut796.y.osusumetube.com/83ut796/
by 求ム (2011-09-17 11:44) 

山岡太郎


本当にこんな簡単に美味しい思いができるだなんて…
夢みたいだけど、ホントの話です。独身貴族にもチャンスってあるものですね
http://ze9pj7m.au.i5phone.net/ze9pj7m/
by 山岡太郎 (2011-09-23 08:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。