So-net無料ブログ作成

なでしこジャパン、米国を破り初優勝 女子サッカーW杯 [ニュース]

【7月18日 AFP】(記事更新、写真追加)女子サッカーW杯ドイツ大会(FIFA Women's World Cup 2011)は17日フランクフルト(Frankfurt)で決勝が行われ、日本は2度の劣勢を跳ね返し、2-2の末に迎えたPK戦で米国を3-1で下して初優勝を飾った。  立ち上がりの20分間は米国が優位に試合を進め、左サイドのミーガン・ラピノー(Megan Rapinhoe)のクロスからローレン・チェイニー(Lauren Cheney)がシュートを放つと、前半28分にはアビー・ワンバック(Abby Wambach)のシュートがクロスバーを叩いた。一方の日本は同30分にこの試合初めてのチャンスを手にしたものの、安藤梢(Kozue Ando)の放ったシュートは米国のGKホープ・ソロ(Hope Solo)の正面だった。  スコアレスで迎えた後半24分、米国は途中出場したアレックス・モーガン(Alex Morgan)がラピノーからのロングパスを受け先制点を奪ったが、同36分、日本はゴール前で米国の守備陣がもたつく中、宮間あや(Aya Miyama)が素早く反応して押し込み、思わぬ形で同点ゴールを得た。  1-1で90分間を終え迎えた延長前半14分、米国はワンバックが勝ち越しゴールを挙げたものの、同後半12分に澤穂希(Homare Sawa)がコーナーキック(CK)からのボールを流し込んで今大会5得点目となるゴールを挙げ、チームをPK戦に導くと共に、自身も大会得点王を獲得した。  迎えたPK戦で日本はGKの海堀あゆみ(Ayumi Kaihori)が2本のシュートをセーブすると、4人目の熊谷紗希(Saki Kumagai)がシュートを決め、初の栄冠を手にした。  大会最優秀選手(MVP)を獲得した澤は試合後、「信じられないです。最後まで諦めずに戦った結果だと思います。自分も最後まで走り続けて、全力を出し切りました。ずっと世界一を目指して戦ってきて、まだこの現実がまだ受け止められないけれど、本当に嬉しいです。5回目(のW杯)にしてしっかりとした結果を残せました。金メダルを持って帰ります」と語った。(c)AFP/Ryland James

勝って欲しいけど
アメリカに勝つとは思っていなかった

という人は多いのでは?

先制点を取られて取り返して、PKに持ち込んで勝つ

いやぁ、見ごたえのある試合でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。