So-net無料ブログ作成
検索選択

ボルガ川の観光船沈没事故、新たに55遺体収容 [ニュース]

【7月12日 AFP】ロシア中部タタルスタン共和国で10日、208人を乗せてボルガ川(Volga River)を航行していた観光船が沈没した事故で、11日に大規模な捜索活動が行われ、子ども5人を含む55人の遺体が新たに収容された。  事故直後には79人が救出されたが、同日100人近いダイバーや救助船、ヘリコプターを投入して行われた捜索活動では生存者が見つかっておらず、行方不明者の生存への望みは断たれようとしている。  ドミトリー・メドベージェフ(Dmitry Medvedev)大統領は同日、12日を服喪の日にすると宣言するとともに、国内のすべての交通機関に対し総点検を命じた。  沈没したブルガリア(Bulgaria)号は56年前に建造されたもので、関係当局者によると定員は140人だったという。(c)AFP/Natalia Kolesnikova

56年前という古いのも原因だろうけれど
やはり定員140名に200人乗っているのはもう沈めと言っているようなもの。
乗客は定員オーバーだと知っていたのだろうか。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。